Top > 政治 > 映画『新聞記者』

映画『新聞記者』

  • Posted by: オフ
  • 政治

かなり久しぶりに映画館で映画を観た。

作品は『新聞記者』

面白かったし、すごく考えさせられる内容だった。

内容を書くとネタバレになってしまうので、『新聞記者』の公式ホームページにあるあらすじを以下に載せておくことにする。

ーーーー----------------------

東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届いた。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査をはじめる。

一方、内閣情報調査室官僚・杉原(松坂桃李)は葛藤していた。「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神崎と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。

真実に迫ろうともがく若き新聞記者。「闇」の存在に気付き選択を迫られるエリート官僚。二人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかになる!。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

政権に不都合なニュースをコントロールするのか、それとも「国民に尽くす(つまり情報を公にする)」のかで葛藤する杉原が現在の上司から言われた言葉「この国の民主主義は形だけでいいんだ」にドキッとした。

現在の日本は正しい判断を下し、選挙で投票する、色々な場面で自己の意思を表明する、国や地方自治体や議員たちに要求をする等々のために必要な情報を国民は得ることができているとはいえない状況なので。

Comments:0

コメントする

Top > 政治 > 映画『新聞記者』

Return to page top