Top > Archives > 2019年12月 Archive

2019年12月 Archive

サイト(巨大遺跡へ行こう2)を常時SSL化した

201912新千歳から羽田へ向かう機内から

常時SSLを導入していないページはブラウザで「安全ではない」とか表示されてしまうので、今回、重い腰をあげて常時SSL化(httpsで始まるurlになる)を実施した。

個人の趣味のページだから気にすることもないと思っていたけれど、ブラウザから「安全ではない」とか警告が発されてしまうようになると、ちょっと放っておけなくなったわけで。。。

SSL化のためにはSSL証明書なるものを発行してもらわねばならないのだけれど、今まで利用していた共用サーバーだと企業のページなどで利用するような高額のものしか用意されておらず、最近ようやく無料のSSL証明書を利用できるプランが用意されたものの、サーバー移転が必要になる。ホームページの移転だけならば現在のサーバーにあるファイルを次のサーバーに移せばよいだけなので簡単だが、問題はこのブログで利用しているmovable type。サーバーとの相性みたいのがあるのか、一筋縄ではいかないことがある(前のサーバーでmovable type6をインストールした際にはかなりサポート窓口の助けを借りた)。

ということで、サーバー移転は一仕事になるので、一仕事ついでに今より割安な共用サーバーに乗り換えることにした。

さて、SSL化する際、問題になるのは、各ページのリンク(画像を含む)などに「http(sのないやつ)」があると(httpsとhttpsが混在していると)「セキュリティで保護されているコンテンツのみ表示されます」とかいう警告が表示されてしまうので、それをすべて排除しなければならないことだ。

ということで、サーバー移転とSSL化を決意した段階から、けっこう膨大な分量の各ページの記述をチェックした(テキスト・エディタを利用すると割と簡単なのだが)。

しかし、ここでも問題はmovable typeだった。

movable type本体は問題がないのだが、長年利用してきたvicunaというテーマが古いものなので、中にhttpのページを参照している部分があるのだ。機械的にhttpをhttpsに書き換えるだけでよさそうな感じもしたが、参照しているページが古くてhttpsのページが存在しない可能性もあるので、いちいち確認した。(確認しているとhttpのページでもすでにないものもあり、それはブログの動作には影響のないものであることもわかった)。

幸い引っ越したサーバーでは最新のmovable type7が動いてくれ、vicunaの方も思ったほど手直ししなくてもSSL化したページがちゃんと表示された(すべてを確認したわけではないので、まだ問題が潜んでいるのかもしれないが)。

movable typeは色々と設定をいじると再構築というプロセスが必要で、記事がたくさんあるとけっこう時間がかかるので、前からの記事はインポートせずに色々といじった(しばらくテスト投稿のページのみが表示されていたのはそういうわけです)。

ちゃんと動くことを確認し、デザインも一応元のように構築できたので、以前の記事をインポートし、一応作業完了、と思いきや、もう一つ作業が。

httpのページへのアクセスを自動的にhttpsのページにリダイレクトさせなければならない。しかし、.htaccessによって簡単に実施できた(詳細はネット上のあちこちにあるので割愛)。

しかし、思ったほど大変ではなかったが、そこそこ疲れました。

ところで、冒頭の写真はもちろん記事の内容とは関係なく、先日、新千歳から羽田に飛んだ際、東京上空で撮ったものです。

Top > Archives > 2019年12月 Archive

Search

Feeds

Return to page top