Top

憲法に自衛隊を書き込むだけであって何も変わらない? そんなわけない!

  • Posted by: オフ
  • 政治

201712飛行機から見た富士山夕景

相変わらず東京・札幌を頻繁に飛行機で往復しているわけですが、ときどき素晴らしい景色を見ることができ、上の写真は昨年12月に新千歳から羽田に向かう飛行機の機内から撮ったものです。

閑話休題、表題の件です。

安倍政権(自民党)は憲法9条の1・2項はそのまま残し、新たに三項を設けて、そこに自衛隊を書き込みたいという意向のようです。(日本国憲法第99条には「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」とあって、もちろん政権が憲法改正をリードすることはできないので、見かけ上の主体は「安倍政権」にならないようにはしているようですが、実際の主体が安倍政権であることは明らかでしょう)。

さて、政権は「自衛隊」を書き込むだけで、今までと何ら変わりはないと言います。何ら変わりがないのであれば、莫大な金をかけて国民投票を実施する必要はないわけで、条文に手を加えると、やはり変わるのです。

安倍政権による改憲に反対する野党などは、自衛隊を書き込むと、違憲の安保法制を認めることになると述べることがあり、確かにそうなのですが、安保法制がややこしいので、ちょっとわかりにくい議論になってしまいます。

そこでもっと単純に考えてみたいと思います。

憲法の条文はさまざまに解釈されます。現行憲法では「自衛隊」の規定がないので、その解釈は実力組織の存在が何もないところからスタートします。でもって、色々と解釈して自衛隊という存在は何とかOKといえるというのが、従来からの政府の立場で、国民の多くも専守防衛のための実力組織で災害救助などで力を発揮する自衛隊はOKという立場なのだと思います。

ところが自衛隊が書き込まれると、自衛隊ありきから解釈がスタートします。集団的自衛権の行使は一切認めないとか書き込まれれば自衛隊の活動範囲に限定がかかりますが、そうすると集団的自衛権行使の一部容認を認めた安保法制の違憲が確定してしまうので、そんな限定を自民党が認めるわけがありません。

仮に「自衛権を行使するための実力組織である自衛隊」と書き込むとすると、「自衛権の行使」の範囲が問題になります。

多くの戦争は自衛名目で起こされます。日本の満州事変以降の戦争も自衛名目で行われました。

色々と理屈を並べ立て自衛のためと称して軍事行動をとることは可能なわけで、「自衛権の行使」のためという限定はほとんど役に立たないということが想定できるのです。

政権は、憲法に自衛隊を書き込んで、その存在を憲法上明確化するだけだと、国民の間にある、災害救助などで活躍してくれている自衛隊に対するシンパシーを利用して改憲を実現させようとしているように思えますが、改憲によって、自衛隊員が戦闘に参加し、または巻き込まれ命を失う、もしくは自衛隊員が相手兵士の命を奪う可能性が高まるということを考えていかねばらないと考えます。

日本では「平和ボケのタカ派」が増えている?

  • Posted by: オフ

今回のエントリーの見出しにある「平和ボケのタカ派」とは、DIAMOND onlineに載せられている軍事ジャーナリスト田岡俊次氏による記事「『平和ボケのタカ派』は日本を核戦争に向かわせる」で使われている表現です。

詳しくはその記事を読んでいただきたいですが、記事の要点と自分の所感を備忘のため書き留めておきたいと思います。

12月20日の読売新聞に驚くべき世論調査の結果が載った。「北朝鮮が核実験やミサイル発射などを続けた場合、米国が朝鮮に対し軍事力を行使すること」を支持する割合が日本では47%に達したというのだ(不支持は46%)。

「米国による攻撃が行われた場合、北朝鮮の滅亡は必至だから自暴自棄になって、一部の弾道ミサイルが破壊されても、残った核ミサイルを急遽発射する公算は極めて高い。「死なばもろとも」の心境でソウルや東京を狙うことも十分考えられる。」

*「支持」と答えた人はこういうことを想像できないのだろうか? もしかして米国の攻撃によって一瞬にして北朝鮮の軍事力が無力されるとでも思っているのか? それとも相手(米国)の軍事力に屈服してあっさり白旗を上げるとでも? 後者の可能性はあるかもしれないと思うが、その保障はどこにもない。

戦争となれば日本が甚大な被害を被ることは想像すれば簡単にわかることだと思うのですが、どうも、47%の人はそれが想像できないみたいです。それに対し田岡氏は具体的な危険性を詳しい数字もあげつつ説明していますが、細かい数字は割愛して、以下に要点を記します。

<田岡氏の説明の要点>

1.米国の北に対する攻撃によって一瞬にしてその軍事力を無力化することは不可能。その理由は北のミサイルの位置のすべてを精密に知るのは困難だから。

・中朝国境の山岳地帯の谷に無数のトンネルを掘り、そこに移動式発射機に載せて隠している→偵察衛星でこれらを把握することは不可能。

・無人偵察機で移動式発射機が出てくるところを常時監視しようとしても、北の旧式対空ミサイルでも無人偵察機の撃墜は可能。

2.日本にも適地攻撃論(ミサイルが発射される寸前にこれを攻撃)を唱える人がいるが、どうやってそのミサイルの場所を知るのかという部分が欠落している。

3.もし日本にミサイルが飛んで来たら迎撃システムがあるではないかという人もいるが、迎撃システムは気休めにしかすぎない。その理由は、米国の攻撃を受けても残存する北の発射可能ミサイルの数が迎撃可能数を大きく上回るから。

*以上が大雑把な内容です。ちょっと考えれば想像できる内容ですが、それができない、田岡氏のいう「平和ボケのタカ派」が増えているらしいことは衝撃的です(戦争を映画とかテレビゲームとかのように思っているのだろうか? 上には書きませんでしたが田岡氏は戦争における民間人の被害についても詳細に指摘しています)。田岡氏の記事にはありませんでしたが、北のミサイルが原発に飛んできて、原子炉が破壊されなくても冷却装置の電気系統が破壊されれば、制御不能となり爆発→放射性物質の拡散→広域が住めない地域に、ということも考えられるわけで、実際の戦闘になる可能性はすべてシャットアウトしなければならないと考えます。

あけましておめでとうございます

  • Posted by: オフ
  • 未分類

201712札幌01

*写真はイメージ(札幌市内)-新年とは関係ありません


あけましておめでとうございます。

今年もボチボチやっていきますので、よろしくお願いします。

去年は何とか4回海外へ行くことができましたが(長期間日本を離れることが難しいため長くても10日弱/1回の旅行)、今年も何とかそれくらいは出かけたいと思ってます。

それはそうと、今年はもしかすると憲法改正の発議が行われるかもしれません。ということで、憲法が変な具合にいじられぬよう、自分のできることをやっていこうと思います。

いつの間にか安い国になっていた日本

  • Posted by: オフ
  • 未分類

今回、イタリアのラ・スペツィア駅にあるバールでサンドイッチを買った。

表面がカリカリの鏡餅型のパンを2つにスライスして、そこにトマトとチーズをはさんだだけのもの。

値段は4.2ユーロ(日本円に換算して550~560円。両替の際のロスが入ると600円くらい)。

5ユーロ出したら、なぜか4.2ユーロもつり銭をくれてびっくりしたが、もちろん店の人のミスだが、列を離れてつり銭が重いので気が付いた。

すぐにミスったよということを伝えたかったが、けっこう客がたてこんでいる。つり銭が少なかったとかいうクレームと思われると説明に時間がかかり、他の客に悪いので、客がいなくなったのを見計らって、間違っていますよと話しかけた。最初、彼はクレームかと身構えたが、つり銭の額と商品の額を取り違えたということがわかり、照れ笑い。恐縮しながら、お礼を言ってくれた。

まあ、このことは、この記事の本題ではない。

本題はサンドイッチの値段。

おそらく日本で同じものを600円で売ったら絶対売れない。おそらく350円か400円が限度だろう。

というくらい、今、日本の物価は先進国の中ではとっても安い。

昼にその辺の定食屋でも700円くらいでけっこうな内容の食事をとることができる。ヨーロッパで同じレベルの食事をしようと思うと、安くて1200~1300円。場合によっては2000円くらいかかってしまう場合も。

毎年冬になると、オーストラリアから大挙してニセコ地方のスキーリゾートにスキー客がやってくるが、(オーストラリアの物価は知らないが)彼らにとって日本は物価の安い国で、飛行機代をかけてやってきても、それほど大きな負担ではないのだろう。(自国で休暇を過ごすより安いのか?)

さて、日本の物価が先進国のなかでこんなに安いの原因は、非正規労働者の低賃金にあるといわねばならないだろう。

たとえば、時給1000円(最低賃金がもっと低いのはご存知の通り)で一日8時間、週休2日で52週働いたとして、年収208万円。これでいったいどうやって生活しろというのか。この仮定は、週休2日で計算したので、年末年始の休みとか、ゴールデンウイークとかは勘案していない。まったくひどいもんだ。

何かおかしくないか?! 日本。

長く旅をしているが、先進国を旅するたびにこうした感覚が強くなる。

今、たいへん多くの外国人観光客が来日しているが、彼らにとって日本の旅先としての魅力の一つが、「安さ」であることは間違いないだろう。

冬のチンクエ・テッレに行ってきた

201712マナローラの夕景

一週間ほど、イタリアに行ってきた。

主な目的地はチンクエ・テッレ(5つの土地という意味でその名の通り5つの漁村がある地域)というところ。近年注目されている観光地だ。

12月の海外旅行は、ホノルルマラソンを走りにいったのを除くと、上海とその周辺、カンボジアのアンコール遺跡群に行ったくらいだったが、今回は冬場で観光客の少ないであろうことを期待して、イタリアまで足を伸ばすことにした。

この季節は雨が多めなので天気が心配だったが、予想通りけっこう降られた。が、そういう季節なので、やはり観光客は少なめで、静かな街が楽しめた。

で、写真は、チンクエ・テッレの一つ、マナローラの夕景。空は濃いグレーの雲で覆われており、にわか雨にも降られたが、夕方なので、空の色の重さはあまり気にならなかった。

旅の詳細は、いずれまた本編で。

Index of all entries

Top

Search

Feeds

Return to page top