> > ロアッソ熊本戦→南阿蘇観光

ロアッソ熊本戦→南阿蘇観光

  • Posted by:
  • 国内

201508うまかな・よかなスタジアム

23日、うまスタ(うまかな・よかなスタジアム)で行われたロアッソ熊本戦観戦のため、熊本に遠征した。

札幌はもう数えるのも面倒なくらいの試合で勝てておらず、無得点試合も何試合か続いている。しかし、不思議と勝てないから見に行かないという感情は沸き起こってこない。まあ、一種の病気である。

それから、ここだけの話だが、J2リーグは観戦旅行が楽しい(J1のチームはあまり面白味のない都会を中心に分布しているが、J2のチームの立地は本当にバラエティに富んでいる)。

ところで、この日のキックオフは18時で、阿蘇熊本空港15時少し前到着の便で行ったのだが、スタジアムへ向かう前に、熊本市街に出て、ちょっとだけ安保法案に反対する集会・デモに参加した。当日は東京でかなり大規模なデモが行われたのだが、そちらに参加できなかったので熊本で頭数になろうということで参加したのである(この日は全国各地で抗議行動・デモが行われた)。

キックオフに間に合わせるため、17時ころにはデモから離脱して、バスでスタジアムへ向かい、キックオフ直前に到着。冒頭の写真は、アウェイ席に落ちついた直後に撮ったもので、向こうに見えるユニークな建築物はパークドーム熊本(屋内運動場)で、なんでも浮雲をイメージしたデザインだそう。

さて、試合だが、実に久々の得点シーンを見ることができたが、あっさり失点して、その後は両チーム得点なし。また、引き分けに終わった。

翌日は台風が接近するなか、天気がもつかどうか心配だったが、予定通り、山都町というところにある、通潤橋(つうじゅんきょう)を見に行った。(途中から小雨が降ってきたが、台風の大きな影響は受けずに観光することができた)

通潤橋は幕末に建造された水道橋で、これによる灌漑で広範囲で多くの水田が営まれているということだ。

201508通潤橋

通潤橋へのアクセスは車がないとけっこう不便で、熊本市内からは路線バスで1時間半くらいかかり、本数もそれほど多くはない。しかし、路線バスの旅というのも、なかなか楽しいもので、タレントが路線バスで日本各地を旅するという類のテレビ番組が人気なのもわかるような気がする。

Comments:0

コメントする

Blog > 国内 > ロアッソ熊本戦→南阿蘇観光

Search

Return to page top