> > 月見ランニング

月見ランニング

エヴォラ(ポルトガル)の月

今日は十五夜とのことだが、夕暮れ時の5時半ころから走りに出た。

今日は真夏日で、夕方になっても30度を超えていた模様だが、やはり真夏よりはずっと走りやすい。

走っているうちにが大きく、丸いことに気がついた。

原稿仕事に集中していて、十五夜であることも、すっかり忘れていた。

走っている道すがら、孫をつれたおばあさんと、近所のおじさんの会話が聞こえてきた。

「月がきれいだね」

「この子、さっきからをとってとってっていうの。子供って発想が面白いです。」

「名月をとってくれろと泣く子かな」という一茶の句を思い出した。

子供の感覚っていうのはいつの時代も変わらないのか?

暑さの残る中、季節を感じるランだった。

今日も、走ったあとのポカリがうまかった。

なお、上の写真は、この夏訪問したポルトガルはエヴォラの月。

Comments:0

コメントする

Blog > ランニング > 月見ランニング

Search

Return to page top